2019/12/04

スタッフブログ

その他 / お知らせ

サーフィンに欠かせないものは?

サーフィンに欠かせないもの、その答えは??

こんにちは、真田です。 あっという間に忘年会シーズンですね。ほんとうに1年たつのは早いものです。 湘南では空気が澄んでいると海越しに富士山が見えます。 さて、サーフィンに欠かせないもの、それはもちろん、サーフボードです。 いきなり本題ですが、先日公開となったチャネルアイランズサーフボードのブログが最高です。
チャネルアイランズサーフボード公式サイトへ(下記参照)
今年、2019年、チャネルアイランズサーフボードは50周年を迎えました。いままでの50年、そしてこれからの未来も決して変わらないであろうブランドの信念が描かれています。 サーフィンが好きな方はもちろん、サーフィンをあまりご存じでない方も、たまたまこのページを目にしただけの方も、是非読んでみてください。 このところ、自社のコーポレイト・ブランディングを考える機会がありますが、この記事をそんな観点で読んでも、改めて、チャネルアイランズサーフボードというブランドってすごいな、と思います。 あわせてこちらも、是非、読んでください!
チャネルアイランズサーフボード公式サイトへ(下記参照)

チャネルアイランズサーフボードを支える方々

チャネルアイランズサーフボードジャパンの方々を撮影できる機会がありましたので、写真にてご紹介いたします。日本でチャネルアイランズサーフボードを支え、サーフィンを愛する、熱い方々です。 THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019(ザ・ボードルームショー ジャパン 2019)のブースにて 「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019(ザ・ボードルームショー ジャパン 2019)」の詳細はこちら(ザ・ボードルームショー ジャパン公式サイトへ) 話題のSPINE-TEK!
SPINE-TEK:詳しくはチャネルアイランズサーフボード公式サイトにて(下記参照)
「SPINE-TEKは進化します! フレックステクノロジーが3サイズ(S, M, L)で登場! (ブリット・メリックの解説動画)」 6月22日(土) 、藤沢市鵠沼海岸スエヒロ前ポイント試乗会(ムラサキスポーツ・ユーザー試乗会同時開催)での風景。全国各地で試乗会があり、最新モデルの試乗ができます!

来年、2020年は・・・

8月、鵠沼海岸スエヒロ前ポイント付近にて シェイピングの際は流体力学の観点から考えるよう、父親のアル・メリックから教えられたブリット・メリックはこんなふうに語っています。(冒頭でご紹介したチャネルアイランズサーフボードのブログより。)『父は、私の目も、私の手も、私の道具も、すべてが水にならなければならないと教えました。- 中略 -目も、心も、水になれたら、水はどんな動きをしているのでしょうね。』 目も、心も、水になれたらすごくサーフィンが上手くなるのに、と思いました。 来年はいよいよ、サーフィンが初の正式競技種目となった東京2020オリンピックが開催されます。ますます楽しみです!!

晴れの日も雨の日も楽しかった宮崎。2019 ISA ワールドサーフィンゲームスでの自分。

それではまた。
チャネルアイランズサーフボード公式サイト(https://cisurfboards.jp/
創設者”アル・メリック”の名前がブランドの代名詞ともいえるチャネルアイランズサーフボード:50年の歴史、20の世界タイトル、父から子へと3世代。決して満足しないという信念と情熱」 「ブリット・ メリックが語る昔話…”Channel Islands Surfboards”は今年で50周年!」 「SPINE-TEKは進化します! フレックステクノロジーが3サイズ(S, M, L)で登場! (ブリット・メリックの解説動画)

新着ニュース一覧