[2018/09/23]

こんにちは、営業企画部 真田です。2018アーバンリサーチ ISAワールドサーフィンゲームスの観戦で愛知県田原市の太平洋ロングビーチに来ました。

 

日本チーム、Naminori JAPANが団体金メダルを獲得しました!!!

 

最終日、9月22日(土)、女子のリパチャージ(敗者復活戦)と決勝が行われました。

 

沢山の人が観戦。各国のチームメンバーもビーチで参加選手の応援に!

国別ランキングは、各選手の進んだラウンドに応じて、0~1000ポイントが割り振られ、各国に所属する全選手のポイント合計点で決まります(Aloha Cup(アロハカップ)は含まれません)。

9/20(木)開催のAloha Cup(アロハカップ)の様子はこちら

 

女子のリパチャージ(敗者復活戦)が始まる前の時点で、日本は各選手の活躍により、ポイント合計点で既に銀メダル以上が確定しており、フランス、オーストラリアの女子選手の結果により、団体優勝・金メダルの可能性がありました!

日本チーム、Naminori JAPANに団体金メダル決定!!

ビーチで優勝の瞬間を待ち、スタンバイする日本チーム。砂には日本国旗のマークが描かれています。

日本代表選手の紹介はこちら

 

リパチャージ9戦目、フランス人選手が振るわず、残るオーストラリアか日本の2か国いずれかが、金メダル候補となりました。

そして最終リパチャージが終了。女子決勝の結果を待たず、遂に日本チーム、Naminori JAPANに団体金メダル決定!!

抱き合う選手達!

この場にいない五十嵐カノア選手と大原洋人選手へ、団体金メダル獲得のニュースを伝えるために(推察ですが)、川合 美乃里選手がスマホにむかって叫びながらメッセージと日本チームの歓喜の映像を記録しているようです!

ファンの撮影に笑顔で応じる村上舜選手。

そして、表彰式の様子です。

 

日本の団体金メダル獲得の瞬間に、大会の現場で同じ空気を吸って、日本チームの選手だけでなく、会場の人々と興奮と感動を共有できたたことがとても感激です。

 

日本代表選手、Naminori JAPANチームの皆様、大会運営に関わっていらっしゃるすべての方々、ほんとうにおめでとうございました!!!

言葉ではうまく伝えることができませんが、心からうれしかったです。

これからサーフィン、Naminori JAPANを応援する気持ちがますます熱くなりそうです!

 

日本団体金メダルの速報ニュースはこちら
動画で振り返る『2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス』日本代表選手の活躍(THE SURF NEWSへ)
大会公式サイトはこちら
結果はこちら(ISA公式サイト ※英語です)
+BCMはこちら(BCM大会特設サイト)
THE SURF NEWSはこちら